10 2018

    横浜美容クリニックで、プロテーゼ(隆鼻術)と鼻尖縮小の体験談


    鼻は顔の中心にあって、その人の印象を左右する重要なパーツです。
    それだけに鼻が低いことがコンプレックス、団子鼻が気になるなど鼻に関するお悩みを持っている方も多いと思います。

    そんな悩みを改善する施術として人気が高いプロテーゼ(隆鼻術)と鼻尖縮小について、痛みはないの?プロテーゼって安全なの?など気になる疑問について、私の体験から詳しくお話ししたいと思います。



    クリニック選び


    私が鼻のカウンセリングに訪れたクリニックは、新宿もとび美容外科クリニック・横浜美容クリニック・宇都宮竹内クリニック・酒井形成外科の4か所です。

    鼻筋を通したい、鼻先を細くしたい、また横から見た際の鼻が垂れ鼻気味なのでその点も直したい、ということでカウンセリングを回りました。

    これらのクリニックでは、隆鼻術であるプロテーゼの挿入や鼻尖縮小、鼻先への軟骨移植などを主に勧められました。

    そして最終的にお願いすることにしたのは横浜美容クリニックさんで、I型プロテーゼと鼻尖縮小を施術することに決めました。 

    ここに決めた理由としては、冬のキャンペーンとモニター制度を併用したことでお値段が安く抑えられた点、カウンセリングの際にこの2つの施術で十分綺麗にすることができますと自信を持ってお話ししてくださったからです。

    またカウンセリングからアフターケアまで院長先生が一貫して行ってくれる点も、非常に安心することができました。

    さらに帰宅後にどうしても気になった質問をメールでしたところ、院長先生が直接答えてくださったのも好印象でした。

    このような点から、この先生になら任せても大丈夫だろうと判断しました。

    kawamurayukaIMGL0433_TP_V4.jpg 


    自分のなりたい鼻の理想をわかってくれているか?など先生との相性も大切だと思いますので、実際にカウンセリングに訪れて一度話してみると良いと思います。 

    気になるお値段についても詳しくお話ししたいと思います。

    私が受けた横浜美容クリニックでは、冬のキャンペーンでプロテーゼと鼻尖縮小のセットが30万でうけることができました。

    さらにモニター制度を利用したことで5万程度の返金が行われたため、実質25万で受けることができました。

    カウンセリングを受けた他のクリニックですと、この2つの施術では30万円以上はかかってしまったので、とてもお得に受けることができたと思います。


    カウンセリングとプロテーゼの種類


    次に実際の詳しいカウンセリングの様子やそこで聞いた施術内容について、お話ししたいと思います。

    まず私が使用したプロテーゼはシリコン製のもので、I型のものです。

    最近では多くのクリニックでI型プロテーゼが主流となっており、L型のものは使われることが少なくなっています。

    これはL型のものだと鼻先にテンションがかかりすぎて飛び出してしまったり、鼻先からプロテーゼが透けて見えてしまったりすることがあったからだそうです。

    L型のものでも鼻先は薄く加工して、自分の軟骨を重ねるという方法をとるクリニックもあるようですが、このクリニックでは主にI型プロテーゼを使用していました。

    カウンセリングでは実際にシリコンプロテーゼを触らせてもらいましたが、とても柔らかく弾力性のある素材であるため交通事故や激しく転倒したではない限り、少しの衝撃でプロテーゼがダメになってしまうことはほとんどないそうです。

    何種類のプロテーゼを用意しているのか直接聞いていないので正確な数は分かりませんが、数種類は見せていただきました。

    20140802044258.jpg 

    このプロテーゼを挿入することで、鼻筋がきれいに出て前から見た時だけではなく、横顔も改善することができると説明されました。

    またプロテーゼは無理な高さにしたり、きちんとした場所に入っていない時を除けば、基本的に何度も入れ替える必要はないということでプロテーゼをお願いすることになりました。

    ヒアルロン酸による隆鼻術などもありましたが、私自身効果が永久的なものを望んでいたこと・学生で長期休みが取れるうちに大きな手術はしてしまいたいと思ったため、ヒアルロン酸は使用しませんでした。 

    またL型と異なり、I型プロテーゼだけでは鼻先を高くしたり細くしたりすることは出来ません。
    そのためプロテーゼと同時に鼻尖縮小を行うことになりました。

    鼻尖縮小とは鼻先を細くしたい場合に行う施術であり、鼻先の皮下脂肪を除去し、鼻翼軟骨を中央に寄せて縫い合わせ幅を狭くします。
    これで鼻先を小さくすることができるのです。

    また鼻尖縮小を行うとことで、鼻先が上方に持ち上げられアップノーズになることがあります。

    アップノーズが嫌いな人やもともと鼻先が上がっている人には不都合ですが、私は鼻先が下に垂れている垂れ鼻であり、この効果が好都合であったため、その意味でも鼻尖縮小を行うことになりました。

    プロテーゼと鼻尖縮小は当日施術が可能か疑問に思っている方もいると思いますが、ほとんどのクリニックで当日施術は不可能であると思います。

    外側を切らずに鼻の中からアプローチするクローズ法と鼻柱を切ってアプローチをするオープン法で施術時間に違いはありますが、この2つの施術は1時間~2時間以上かかる施術です。

    時間的にも当日施術は不可能でしょうし、自分の顔に異物を入れるわけですからその点についてリスクや安全性について考える必要がありますので、当日施術は避けるべきだと思います。 


    施術と術後


    いよいよ施術!! 
    gatag-00012735.jpg 


    痛みは麻酔の時だけで結構な本数を打ちましたので、痛みは全くないとは言えません。

    ただ麻酔をした後は、耐えられないほど痛い!ということはありませんでしたので安心してください。

    私は鼻柱を切ってアプローチするオープン法で行ったため、鼻があけられているという恐怖感が強くありました。

    プロテーゼ 体験談


    プロテ―ゼを挿入する際も、ゴリゴリゴリという音が聞こえたりします。

    しかし実際の痛みはありませんし、不安だといえば看護師の方が付き添ってくれたので冷静になることができました。

    横浜美容クリニックの方々は、患者さんが不安になっていることはきちんと気づいてくれてケアしてくれると思います。 

    施術直後は腫れが酷く、元の鼻よりも大きくなっていました。

    また、テーピング固定と鼻栓をしてその上からマスクをして帰宅しましたが、当日は一日中鼻から血がぽたぽたと垂れてきました。

    痛みも当日は強く、施術直後に1錠、その4時間ほど後にまた1錠、出された痛み止めを飲みました。

    私は電車で帰りましたが、先生の方から直後は人にぶつからないようによく気を付けてと言われたので、できることなら誰かの車に乗せてもらって帰ることが望ましいと思います。

    このように施術直後は痛みや出血があるため、できるだけ安静にした方が良いです。


    ダウンタイムの経過について


    オープン法で行いましたので、鼻柱には糸がついています。

    抜糸ができるのが1週間後になるため、その間は洗顔・化粧・洗髪は出来ません。

    洗髪は水や泡がつかなければ大丈夫なので、美容院や人に洗ってもらうことはできます。

    また私の場合、鼻柱の糸には血やかさぶたがこびりついていたのでかなり目立ち、1週間の間はマスクをつけていました。

    テーピングによる固定は3日ほどで外すことができました。

    固定を付けておく期間はクリニックによって異なりますので注意してください。

    鼻からの出血は当日でおさまりましたが、痛みは続きます。1週間から2週間は、鼻先や鼻筋に軽く触れただけでも痛いと思いますので、強く触ったりぶつけたりしないように気をつけて下さい。

    1カ月程度たっても物が強く当たれば痛いです。

    ただそれ以上経過すると、接触時の痛みは以前より感じることは少なくなり日常生活に問題はないと思います。

    とは言っても、転倒や事故で鼻に強い衝撃が来れば、曲がってしまう可能性もありますので、格闘技などの運動も含めて注意する必要があります。

    またプロテーゼを入れた部分が重いという違和感も1、2週間は続きました。

    腫れは1週間の間はかなり強く出ます。元の鼻よりも大きくなります。

    2週間たっても鼻の腫れは多少残ります。1カ月たったところで腫れが落ち着き、完成形が見えてくると思います。

    鼻柱の傷は私の場合、1カ月たっても少しありました。

    しかし化粧をすれば薄れますし、のぞきこまない限り見るような位置でもないので気にしていませんでした。

    ダウンタイムは抜糸までの最低1週間は必要だと思います。
    腫れが完全に引くには、2週間から1カ月は見ておいた方がいいです。

    また、ブラックライトで光るなどと噂がありますが、そのようなことはありません。

    tv10_doreque_02.png 


    プロテーゼの上には皮膚が被っている状態ですので、ライトで光ることはないはずです。

    確かに高く入れすぎたプロテーゼを入れ続けると皮膚が薄くなって、中のプロテーゼが一見透けたように見えることはありますが、きちんとした高さの物をいれていればそのようなことはありません。  

    ダウンタイム中は基本的にマスクをしていたので周りは気づいていなかったと思います。

    仲の良い友人には見せていましたが、やはり腫れが引いて鼻先が小さくなったと感じたのは、2週間以上がたった頃からだそうです。

    2週間たってしまえばマスクなしで出歩いても周囲から何も言われませんでした。

    1カ月以上たった今、以前よりも鼻筋が通った細い鼻になったと感じています。

    横から見た時の鼻筋も通りEラインが改善し、鼻先もツンとしたように思います。

    特に下から見ると分かりやすく、鼻先がとがっておりきちんと効果が出ていることが分かりました。

    また眉間付近にも鼻筋ができたことで堀が深い印象になり、目頭が引っ張られているのか目も少しぱっちりして見えるようになりました。

    メイクも以前より、やりがいがあります!
    施術時間やダウンタイムも比較的長い施術でしたが、綺麗な形の鼻になって満足しています。


    最後に


    今回は人気の高いプロテーゼと鼻尖縮小の施術についてお話ししました。

    顔の中心である鼻が変わったことで顔の印象もよくなりましたし、きちんとしたクリニックで行えば一定の効果の出る施術だと思います。

    なかには手術の工程を省いているクリニックや、プロテーゼを正しい位置に挿入できていないクリニックもあるようです。

    またプロテーゼは異物であり、感染症などのリスクもあることを忘れてはなりません。

    きちんと行われれば満足度の高い施術だと思いますので、その点をよく担当医師を相談し、信頼できるクリニックを探してください。

    美容整形外科医院名施術名金額
    湘南美容外科SBCプレミアムソフトプロテーゼ166,860円I型/L型詳細
    品川美容外科スタンダード隆鼻術97,180円詳細
    もとび美容外科シリコンプロテーゼ137,000円詳細
    大塚美容形成外科プロテーゼ挿入法300,000円I型/L型詳細
    ガーデンクリニックプロテーゼ挿入350,000円詳細
    高須クリニックシリコンプロテーゼ350,000円I型詳細
    聖心美容外科プロテーゼ302,400円I型/L型/バード型詳細
    東京美容外科スタンダード250,000円I型/L型詳細



    関連記事

    プロテーゼ

    0 Comments

    Leave a comment