07 2018

    モニターで二重と目頭切開法をして、1年後に修正した話し


    私は昔から奥二重と蒙古ひだがコンプレックスで、高校生の頃から毎日アイプチを愛用していました。 

    ↓整形前
    目頭切開 湘南 


    色々な美容記事を読んで、二重の作り方を研究して色々なアイプチグッズを使って・・・ 

    終いには100均で絆創膏を買って、それをアイテープ代わりに使っていました。 

    整形前はメイクに2時間30分もの時間をかけていました。 

    そんな私が美容整形外科のモニターを利用して、埋没法の二重術と目頭切開を受けたお話をご紹介します。



    美容整形を身近に感じていた大学時代


    大学に行きだしてから周りの友達が美容整形をしだし、自分もいつか美容整形をしようと思っていました。 

    しかしなかなか決心がつかず、気が付けば大学も卒業。

    その頃付き合っていた彼に「整形なんかしたら別れるから。」と言われ、大学卒業後もなかなか実行に移せずにいました。 

    大学卒業から2年が過ぎ、24歳になった時、その彼とお別れしたことや、離職してダウンタイムが確保できる身になり、環境の変化も伴って、今しかないんだと、すぐに美容整形をした友達に相談し始めました。

    美容整形のモニター!?


    相談した友達が初めて埋没法の手術をした湘南美容外科クリニックには、モニター価格というのがあり、施術部の写真を提供するとお安くしてもらえると聞いたので、モニターで早速カウンセリングの申し込みをしました。 

    最初は、色々な病院でカウンセリングを受けて、様々な先生の意見が欲しかったのですが、カウンセリングに行ってみると、早々に施術をすることが決まってしまいました。

    私が先生に進められたのは、全切開法と目頭切開だったのですが、全切開と目頭切開で施術をすると40万円。 

    しかも、一度切ってしまうと元には戻せない。

    自分が完成を気に入らなかったらどうしようといきなり不安になり、目頭切開は承諾したのですが、全切開はちょっと・・・と言うと、 「じゃあ埋没法だけど、埋没法よりも糸が強い、フォーエバー二重術は?料金も目頭切開と笑気麻酔で25万円程ですよ。」と勧められ、そちらで話を聞きました。

    カウンセラーの方に別の病院でも話をしたいので、今日決める気は無いと伝えたのですが、「今日決めないと、手術日抑えられないですよ」と言われてしまい、即決しました。 

    お金はローンも出来ますと言われたので、ローンを組んでその日は頭金の5万円を支払って帰宅しました。 

    カウンセリングに行ったのがお昼の12時だったんですが、契約して手術日、当日の流れなどの説明が終わって、外に出たら19時になっていました。 

    本当に、こんなに簡単に決めて良かったのだろうかと思ったのですが、やっと自分のコンプレックスから解放されると思うと凄くワクワクしました。

    YUKA160113194303_TP_V4.jpg 


    いよいよ手術当日!!


    手術前日は、麻酔が効かなかったらどうしようと不安で眠れなかったので、友達に相談すると、前もって「麻酔が効きにくいんです。」と言えば多めに麻酔して頂けるとの事でした。 

    当日、病院について手術室に案内されて、ベットに寝かされると、鼻にチューブをつけられて、笑気ガスを入れる準備をしました。

    そこで麻酔が効きにくい事を説明しました。 

    「もうすぐ先生来るから、ガス流しますね。」と看護婦さんに言われ、ガスが流れてきて体がふわふわするなぁと思っていると、先生が来られて「よく寝れました?」など緊張しているのが分かったのか、色々話かけてくれました。 

    二重のラインを決めてカバーをかけて、先生が「今から動脈麻酔流すからちょっとだけチクッとするよー」と言われて、腕が一気に筋肉痛の様な痛みが走って眠りました。

    動脈麻酔のおかげで施術中は一切痛みはなかったです。 

    途中チクチクする痛みがあって「痛いです。」と言うと麻酔を足してもらうことができました。 

    目が覚めると、傷を縫ってもらっている途中でした。

     当日のお風呂の説明などをしてもらっていたのですが、麻酔が抜けなくて話が全く頭に入って来なかったので、看護婦さんに「頭に入ってこないんで、紙に書いてもらっていいですか?」と伝えました。 

    看護婦さんは、「麻酔が抜けきるまで横になってもらっていて大丈夫ですよ。」と声をかけて下さったので、しばらく横になっていました。


    術後直後~術後の経過


    術後しばらく休んでいると、動ける様になってきたので、看護婦さんに声をかけると「先生呼んできますね。」と言われて先生が来て鏡を渡されて、自分の顔を見てビックリしました。

    思わず「これマシになりますよね?」と先生に言ってしまいました。 

    「大丈夫ですよ!瞼の腫れは一週間もあれば落ち着きます。目頭切開ので腫れてる目元は3日程で落ち着きます。」と言われました。 

    手術室から、付き添いで来て待合で待っていてくれた彼の所まで、サングラスをかけて言ったのですが、彼が「サングラス越しでも白目なってるの分かる。」と言われました。 

    帰宅中は麻酔が完全に抜けて、傷がズキズキ痛みだしたのですが、アイスノンなどで冷やしたりしていたら我慢できない程の痛みではありませんでした。

    次の日は昨日より腫れが酷く、鏡を見るのが正直いやでした。 鼻が痒くてこすると、傷が引っ張られて流血して、焦って病院に電話したのですが、すぐに止まったのでそんな心配する程でもないとの事でした。 

    2日目までは痛みも若干ありましたが、2日目からシャワーは浴びてもいいとの事でしたので、洗顔は出来ませんでしたが、お湯で目元の血の跡などを綺麗にしました。 

    3日目になると腫れも少しましになってきてお風呂も普通に入れました。 

    5日目には眼鏡をしながら出かける事も可能になりました。 

    抜糸は、1週間後だったので、糸は残ってる状態だったのですが、あまり気にならい程。

    1週間後、抜糸の為来院。 
    すぐに手術室に通されて、先生が傷の具合を見てくれ「良好なので大丈夫ですね。」と言い看護婦さんが抜糸をしてくれました。

     私は麻酔の注射よりも、施術中よりもなによりも痛かったのが抜糸でした。 

    痛すぎて休み休みで抜糸して頂き、抜糸が終ると傷後もあまり気にならない程でした。

    次の日は化粧をしてしまえば全く分からない程でしたが、瞼の食い込みは少しまだ不自然?ぐらいでした。 

    両親には整形の事は内緒でしたが、整形後初めて会ったときも、特に怪しまれる事もありませんでした。 

    1ヶ月も経てば幅も落ち着き、整形したのを知ってる友人は、「めちゃくちゃいい感じ」「めっちゃ可愛くなった」などと言ってもらえました。 

    知らない子には、「化粧かえた?今の方が絶対いいよ。」と言ってもらえるほど。

    1ヶ月後の、モニター用の写真撮影で、先生に傷の具合を見て頂き、写真を撮ってモニターが終了。 無事に憧れの目もとを手に入れることができました!!

    ↓実際の写真
    フォーエバー二重術 ブログ 


    整形から1年が経った頃、お直し修正


    整形してから1年以上が経った頃、やはり私の眼では瞼が分厚いせいで、奥二重の線が戻ってきて二重が消えてきました。

    しかし、目頭切開の傷が食い込んでなんとか平行二重のように見える感じでした。 

    同時に、目頭切開の傷はこんなに残るものなんだろうか?と疑問もありました。 

    私の受けたフォーエバー二重術というのは、何点留などの埋没と違い何点は選べません。 

    その変わり、糸の結び方が埋没とは違う結び方をします。 

    そして、一番の決め手となった永久保証がついてるのです。

     幅の変更は1年以内ですが、糸が緩んだり、切れたりはお直しがいつでもしていただける。 

    それがあったので相談しようと、再度クリニックを訪れました。 

    カウンセリングで先生は、 「あなたの眼は瞼が分厚いからどうしても奥二重に戻ってしまうね。全切開が良いと思いますよ。」と言われてしまいました。 

    「全切開出来る程ダウンタイム取れないんでなんとかお直しでやりたいです。」と相談して、目頭切開の傷についても相談してみました。

     「目頭切開の傷があるおかげで今平行二重が保ててるのですが、こんなに傷が大きく残るんですか?」と聞いて見てもらうと、「あー・・・結構大きいね。まあ、一回お直しで幅取り直し出来るかカウンセラーに見てもらいますね。」と言い診断終了。 

    私は「やっぱ失敗だったのか・・・まあ周りにバレるほど大きな傷が残ってるわけじゃないし。いいか・・・」と思っていました。 

    カウンセリング室で、カウンセラーの方に「幅の取り直しは1年以内なので、期限が切れています。なので全切開はいかがですか?」と言われたのですが、「先生にもお伝えしましたが、全切開出来る程ダウンタイム取れないです。」と言うと「周りに知られたくないですか?」と言われたので、「そういう訳じゃなくて、腫れがもし1週間経っても治まらなかったら仕事に行く気になれないです!」と言いました。 

    「あーそうなんですねー・・・では、今回は先生が特別無料で幅の取り直しをするとおしゃってるので。」と言われました。 

    その前から少しイライラはしていたのですが、美容整形外科とかで、私が不満を言ってもミスなんて認めてもらえないし、無料で治すと言ってるしと思い、それで承諾しました。

    今回は部分麻酔と笑気麻酔でする事になり、笑気麻酔代と腫れを抑え飲み薬代で2000円ほど。 

    ポイントがあったので実際にはお金は支払いませんでした。 

    お直しの日は、今回は部分麻酔のみということで、かなり緊張していたのですが、笑気麻酔のせいか、瞼の裏と表に2回ずつ打ってもらいましたが、本当にチクっとするだけでした。 

    5分ほどで終わり腫れもあまり酷くなく、眼鏡をかけていればあまり気にならない程度。
    仕事も3日目には出勤できました。


    最後に


    現在はやはり、奥二重の線が出て来るのですが、前ほどではなく、幅広い二重をキープしています。

    整形をして一番良かったと思えるようになったのは、やはり化粧が楽になった事だと思いました。 

    今まで二重を作るのに最悪1時間はかかっていたのが、今では目元はすっぴんでも出かけられるほどになり、 自分にも自信が持てる様にもなりました。 

    失敗?はされたと思うのですが、自分が慎重に病院選びをしなかったせいだと思っています。 

    やはり病院選びはたとえ多少高くても慎重に、自分のやりたい施術を専門としている先生にお願いし、カウンセリング時にどれだけ親身になって聞いてくれるかは見て決めた方が良いと思います。 

    私はモニターで施術を受けたので、1週間後と1ヵ月後に通院が必要でした。

    私は厚めの瞼だったのでお直しが必要になってしまいましたが、費用重視の方であれば、安い費用で施術をしてもらうことができるモニターはお勧めです!

    ↓現在の写真
    フォーエバー二重術 術後 


    ↓術前~術後まとめ
    ふたえ整形 


    関連記事

    美容整形 埋没法 体験談 湘南美容外科

    0 Comments

    Leave a comment