04 2018

    【写真有り】片目だけが一重!!宇都宮竹内クリニックで、片目だけ埋没法をしてきた


    今回はプチ整形として人気のある埋没法について、気になる値段やカウンセリングの様子、手術の痛みやダウンタイムについてなど、実体験に基づいて詳しくお話ししたいと思います!

     一重で悩んでいる、片方の目だけ一重・・・、毎日アイプチをするのは面倒…という方には、ぜひ読んで検討してみてください。



    片目だけが一重で悩んだ日々にさようなら


    私が埋没法を決心した理由は主に2つあります。 

    1つ目が、片目だけ一重なのがコンプレックスだったからです。 

    皮膚が弱くアイテープやアイプチをするとまぶたが赤く痒くなってしまう体質だったため、整形前は仕方なく一重のままメイクをしていました。

    しかし、やはり二重の方の目と比べると、一重の方はメイクがはえないし、何よりメイクをしたことでより左右の目の大きさに差が出てしまいました。 

    ↓埋没法をする前の写真
    writer_before.png 

    友達と一緒に映った写真を見ても、目のバランスがおかしいことが気になってしまい、落ち込むことが多くありました。

    せめて両目とも二重だったら、もう少しましになるのに…!と日々思い悩んでいました。 


    2つ目はそのように悩んでいる中で、埋没法は案外お安い金額で施術を受けることができると知ったからです。 

    埋没法はクリニックや何点留めか等によって、金額が数万で済む場合から10万以上かかる場合まであります。 

    私としてはあまりにも安すぎてすぐにとれてしまったら困るという思いがあったため、安い所での施術は遠慮していました。 

    しかし10万以上するようなクリニックでも、キャンペーン価格やモニター制度を使えば、そのクオリティのままお安くうけることができるのです! 

    そこでこれまでのコンプレックスを無くすためにも、埋没法を施術することに決めました。


    お金はどう貯めた?周りからは反対されなかった?


    私の場合、施術にかかった金額が5万程度だったため、2カ月ほどのバイトで十分貯めることができました。

    学生さんの場合、大学の勉強などで大変だと思いますが、このくらいの金額なら数カ月のアルバイトで貯めることができると思います。

    もしもう少し高い金額だったとしても、医療ローンを利用することもできます!

    定職についている方はもちろんですが、学生でもアルバイトで一定の収入があれば借りることが出来ます。

    このような方法もありますので、そこまで心配しなくても大丈夫だと思います。 

    また整形に対して、周りからはあまり反対されませんでした。

    埋没法はメスを入れる施術ではありませんし、もし気にいらなかったらやり直すことができる施術ですので他の整形に比べて抵抗感が少ないと思います。

    今では高校生の方でも、長期休みの際に行っていたりと、ポピュラーな整形だと思います。悩んでいたら、一度周りの人に相談してみるのもいいと思います!

    クリニック選びとカウンセリングの様子について


    私は二重まぶたのカウンセリングには、3件のクリニックを訪れました。

    新宿もとび美容外科クリニック、横浜美容クリニック、宇都宮竹内クリニックの3つです。 

    カウンセリングに行く際には、埋没法だけでは綺麗な二重が作れない等言われることも考えて、切開法も念頭には入れていました。

    しかし3か所とも埋没法で十分というお話を先生の方からされました。 

    幅が広い二重を希望する場合や、まぶたが重すぎて埋没法だと綺麗に二重が作れないという場合には切開法を行うそうですが、私の場合自然な幅の二重を希望している、まぶたも重すぎるわけではないということで埋没法が良いという判断になったそうです。

    また切開法だとデザインが気にいらなかった際にやり直すことができないため、まずは埋没法をやってみようというお話しでした。

    これはどのクリニックでも同じようなことを言われ、切開法ではなく埋没法でお願いすることに決めました。 

    そのようなカウンセリングの中で最終的に施術することに決めたクリニックは、宇都宮竹内クリニックです。 
    その理由としては、HP限定クーポンを使用することで安い金額で受けることができ、さらに取れづらい埋没法として評判が良かったからです。 

    竹内クリニックの埋没法は両目で16万ですが、私の場合片目のみのため6割の値段でよく、さらに50%offのHP限定クーポンを使用したことで、5万で施術をすることができたのです! 


    SEP88_nikori15195840_TP_V4.jpg 


    ちなみにモニター制度を利用すればもとび美容外科では10万程度、横浜美容クリニックでは5万程度で片目を施術することが可能でした。 

    ですがモニターになった場合、経過を見せて写真を撮るのに数回通うことになり、交通費がかかってしまいます。 

    そこで一番安く済む竹内クリニックでお願いすることになりました。 

    またこのクリニックの口コミを調べていると、埋没法が取れづらく評判という書き込みをインターネット上で見かけました。 

    カウンセリングの際にも先生の方から、「ここの埋没法は取れづらい。従業員も数人ここで埋没をしたけれど、20年たった今でも取れていない」という説明を受けました。

    先生の自信のある話し方からも、ここでお任せすれば大丈夫だろうと感じました。


    埋没法は何点留めがいい?多ければいいわけではない?


    私は3点留めの埋没をして頂きました。

    と言うのも、実は先生の方から何点留めにするか聞かれることもなく、自動的に3点留めになっていたのです。

    竹内クリニックの埋没法は点数毎に値段が変わるタイプではなく、どうやら埋没法は埋没法としておおよそ一律の値段で行うようでした。

    数か所のカウンセリングで聞いた所、埋没法では糸の点数を増やせば取れにくくなる、多ければ多いほどいいというわけではないそうです。 

    糸が多ければその分、術後の異物感や表面のぼこぼこ感が出てくるリスクもありますし、もし埋没が取れてしまい掛け直すことになったらその本数分だけまぶたに埋め込まれている糸の数が増えることになるのです。 

    私が受けたクリニックでは埋没法に永久保証制がついていたこともあり、3点留めでも十分取れづらいだろうと判断し、この点数でお願いすることになりました。


    気になる施術の様子。痛みはどれくらいなの?


    いよいよ施術当日です。

    全体の流れとしては、受付→洗顔→二重のデザインを決める→麻酔→埋没→デザインの確認→ダウンタイム・薬の説明→帰宅となります。 

    麻酔はまず点眼麻酔そして次に局部麻酔をしてもらいました。

    これらの値段は5万の中に入っているので安心です。目ということで恐怖感はあると思いますが、痛みはほとんど感じませんでした!

    局部麻酔はさすがに痛いかな…?と思いましたが、先生が素早く打ってくれたので身構えているうちに終わっていました。

    麻酔が終わればもう埋没も痛くありません。

    時々デザインを確認するために目を開けてとお願いされる時がありますが、それ以外は目をつぶっていて大丈夫なので、横になっているうちに終わります。

    施術自体は20分ほどで終了しました。受付から帰宅まで全部含めても、1時間未満で帰ることができました。

    gatag-00012735.jpg 


    術後、ダウンタイムの過ごし方は? いつからメイク・コンタクトができる?


    施術直後は、さすがに腫れがひどいです。
    片目だけだったので、眼帯をして帰宅しました。

    両目をやる場合にはサングラスを持参する必要があります。
    もし目が悪い人は、コンタクトも4日間程度不可になるので、メガネの上からかけられるサングラスがあると安心です。

    痛み止めはもらいましたが、飲むほどの痛みはなく結局一度も飲まずに済みました。

    洗顔・洗髪は翌日から許可され、コンタクトやアイシャドーなどのメイクは約4日目から可能です。

    ただ目の部分を避ければメイク自体は可能なので、サングラスをしてしまえば翌日から外出もできます♪

    私も次の日には、ご飯を食べに友達と出かけていました! 

    またまぶたの腫れは約1週間~2週間で徐々になくなっていきます。

    完全な仕上がりは約1か月後ですが、1週間を過ぎてしまえば眼帯なしでも外出できるようになりました。

    ただ強くこすったりするのは、1か月間禁止ですのでメイクやマッサージをするときにはきをつけてください。 

    また1週間以上が過ぎれば、友人などに会っても大丈夫だと思います。

    二重になったことには気づかれましたが、腫れにはそれほど気づかれませんでした。

    自分で思っている以上に顔というものは見られていない様で、少しの腫れだったら他人には分からない様でした。

    メイクや前髪で腫れはある程度隠せますし、普段からアイプチなどをしている人ならば整形をしたことも気づかれにくいと思います。


    二重になったら顔のイメージが大きく変わった!メイクも映えるようになって、朝の時間が楽しくなった♪


    二重整形をしてよかったと思う点の1つに、顔のイメージが大きく変わったということがあります。

    私の場合、片目が二重・片目が一重だったので、どうも顔のバランスが悪く、一重の方は黒目の出ている部分が少なく人相が悪く見えていました。

    しかし両目とも二重になったことで、バランスも整い前より明るい印象の顔になったと感じています。

    さらに二重になったことで、アイシャドーやアイラインも書きやすくなり、メイクも楽しくなりました。

    周りの友人からも、「目もとの印象が明るくなった!」・「前より大きくなって、こっちの方が可愛いよ!」と言ってもらえました。

    目元の整形だけで大きく印象が変わり、」二重整形をしてよかったと満足しています。

    ↓整形前・整形後の写真
    埋没法ビフォーアフター 


    最後に


    一重がコンプレックス、毎日アイプチをするのは時間がかかるし面倒、アイプチをしているとまぶたの皮が伸びるときいた、等目もとに関する悩みを抱えている人は多いと思います。

    整形というと抵抗感があると思いますが、埋没法はメスを入れなくても済む施術です。またお値段もキャンペーンやモニター制度を利用すれば、お安く受けることもできます。

    もちろんよくメリット・デメリットを考えた上で施術を受ける必要はありますが、コンプレックスを無くす一つの手段だと思います。

    埋没法について検討しいる方には、ぜひこの記事を参考にして頂きたいと思います♪
    (ライターMさん)

     【この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます】
    埋没法の料金表
    【写真有り】埋没法手術当日の様子と経過
    【写真有り】埋没法の経過


    関連記事

    埋没法

    0 Comments

    Leave a comment