29 2017

    リストカット・根性焼きなどの傷跡は消える?美容整形外科の傷跡修正


    リストカットや根性焼きなどの傷跡を消したい。 

    就職・転職・結婚・出産などを機に、過去の傷跡を消したいと考える人は多いようです。 
    リストカットや根性焼きなどとなると、就職でも不利になりますし、子供にもどうしたの?と聞かれたり、ご近所で噂をされてしまったりする可能性があります。 

    6549837i.jpg


    リストカットや根性焼きなどの傷跡を消すには、塗り薬・飲み薬・レーザーなど様々な治療方法があります。
    市販の薬だと、アットノンが効果的という噂もあります。



    しかし元のように綺麗な状態に戻すには、やはり美容整形外科が1番でしょう。
    美容整形外科で傷跡を消す場合、切除とレーザー治療の併用で綺麗に消える可能性が高まります。

    まず傷がある場所を切除し、切除の際に縫った傷跡をレーザーで消します。
    または、現在ある傷にレーザーをあてて傷跡を消す方法があります。

    レーザーで傷跡を消す場合、時間がかかるので、はやく消したい方は切除がおすすめです。

    kizuato_shuusei.gif 


    レーザーはフラクショナルレーザーや、炭酸ガスレーザーなどをあてます。

    美容整形外科医院名 施術名 ダウンタイム 金額
    湘南美容外科 フラクショナル CO2レーザー 数日の赤みが5日程度 12,960円 詳細
    品川美容外科 フラクショナルCO2レーザー ほぼ1日で改善 15,550 円 詳細
    城本クリニック 炭酸ガスレーザー 詳細
    もとび美容外科 ダーマペン・フラクショナルレーザー なし 19,800円 詳細
    東京美容外科 フラクセルレーザー なし(無痛) 20,000円 詳細
    大塚美容形成外科 フラクショナル

    レーザー

    1~2日 30,000円 詳細
    高須クリニック フラクセル2 150,000円 詳細
    聖心美容皮膚科 イントラセルorダーマペン なし 180,000円 詳細


    こういった傷跡の治療などは、修正を得意としているクリニックがおすすめです。

    修正とは美容整形に失敗した人が行く美容整形外科で、失敗したものを元に戻すということは非常に高度なテクニックが必要となります。
    もちろん整形に失敗して、傷跡が残ってしまった人も行きますので、傷跡の治療も得意としています。

    他院修正を得意としているクリニックは、こちらで詳しくご紹介しています。

    どうせ消えないと諦めていたあなた、是非一度相談してみてはいかがでしょうか?


    関連記事

    美容整形 他院修正 傷跡修正

    0 Comments

    Leave a comment