12 2016

    ヒアルロン酸の種類と違いpart2



    ヒアルロン酸と言っても様々な種類があり、金額もかなり違っています。
    ヒアルロン酸の違いは、持ちや粒子の硬さなどによって違いがあることは過去記事でも触れました。

    【過去記事】ヒアルロン酸の種類と違いpart1

    そんなヒアルロン酸の違いについて、更にわかりやすく「もとび美容外科」の院長が動画で説明してくれています。

    まず「普通のヒアルロン酸」の動画を見てみると、水のようにポタッポタッと垂れているのがわかります。
    もとび美容外科の院長も「粘性のある水のような感じで、シャープに上がりにくい印象があります。」と話しています。



    続いて高濃度ヒアルロン酸の動画を見てみると、普通のヒアルロン酸に比べて、とても粘性が高く、垂れ落ちません。
    画像で紹介をしているヒアルロン酸は「クレイヴェル」というヒアルロン酸です。
    顎とか鼻とか、顔の形成をするのに適していると動画でも話しています。

    高濃度なので、持ちもよく、通常のヒアルロン酸の数倍は長持ちするとも話しています。


    上記の動画で説明をしてくれている「もとび美容外科」は、西新宿にある名医と呼ばれるドクターが在籍しているクリニックです。
    気になった方は、1度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?
    2ch口コミを見る[最強整形]もとび美容外科[最強技術]
    もとび美容外科クリニック公式サイト美容整形 口コミ

    スポンサーリンク


    ヒアルロン酸はこのように、「持ち」や「濃度」で金額がかなり変わってきます。

    そしてこのヒアルロン酸ですが、保管してくれるクリニックがあるのをご存知ですか?

    ヒアルロン酸は全部打てなかった場合、通常破棄されてしまうことがほとんどなのですが、その余ったヒアルロン酸を保管してくれる美容整形外科クリニックがあります。
    上記で紹介をしたもとび美容外科は1ヶ月保管をしてくれ、湘南美容外科クリニックでは半年間も保管してくれます。

    初めてのヒアルロン酸だと、吸収されるスピードも早いので、保管期間があるのは助かると思います。
    ヒアルロン酸と一口に言っても、様々な種類や金額がありますので、やはり複数の医院でカウンセリングを受けることをおすすめします。


    ★☆ランキングご協力ありがとうございます☆★
    他の美容整形外科や美意識の高い人のブログが盛りだくさん!!
    東北 美容整形仙台 プチ整形仙台 美容整形

    関連記事

    0 Comments

    Leave a comment