17 2015

鼻のプチ整形と糸いれてきた。ヒアルロンサン1cc注入

鼻のヒアルロンサン注射と頬のリフトアップをしてきました。



before
seikei1.jpg 

after

seikei.jpg 

画像ではわかりずらいですが、特に鼻根が高くなりました。 
鼻筋が通ると、目頭も引っ張れるので目が大きく見えます。



ヒアルロンサンの種類と違い


ヒアルロンサンには種類があり、過去にいれたことがあるのはレスチレンとパーレーン。 
ヒアルロンサンの種類の違いは粒子の違いで、「持ち」が変わります。

レスチレンは中くらいの粒子でほうれい線や、顔のしわなどの形成に最適と言われています。 
パーレンは粒子が大きいので顎や、鼻筋など顔を形成するのに最適と言われています。 

値段も多少違いがあり、自分の希望に応じたヒアルロンサンを選ぶといいです。
ヒアルロンサンは半年~1年で体内に吸収され、元に戻ります。 

特に初めての施術だと吸収がされやすく、初めてから2回目くらいまでのヒアルロンサン注射のときは半年くらいで元に戻った記憶があります。 
その後は少しずつ持ちが長くなっていき、1年経過しても少なくはなっても元に戻ったなという印象はありませんでした。



ほうれい線のヒアルロンサン注射


ほうれい線にもヒアルロンサンを打っているのですが、過去の施術で初めてのほうれい線の注射が1番痛かったです。
 粒子が大きいヒアルロンサンだと痛みも増しますので、痛みに弱い人で初めてのほうれい線注射であれば、粒子の小さいレスチレンなど粒子の小さいヒアルロンサンの方が痛みも軽減します。

痛みは初めてのときのみで、2回目以降は慣れて我慢できる程度になりました。 
ほうれい線のヒアルロンサンの注射の持ちですが、最初の施術から1年は持った記憶があります。

その後少し元に戻ってきたかな?というくらいで、頬のリフトアップとレディエッセをほうれい線と鼻筋に注入しました。 
そこからレディエッセとリフトアップの効果が約1年持ち、1年経過後に口の横のほうれい線のみヒアルロンサンを注入しました。 

 

リフトアップ


リフトアップは2回目の施術でした。約5年ぶりの施術です。 

ほうれい線からこめかみに向かって溶ける糸(繊維)を1本入れました。
頬骨を手で持ち上げると、頬の毛穴が消えると思いますがそれと同じ効果があります。 

beforeとafterの画像でもわかる通り、毛穴が少し消えているのが感じられます。
痛みは麻酔をするのでありませんが、頬の脂肪を引っ張られている感覚があります。

seikei3.jpg 
 
本来であればこめかみ部分へのリフトアップと、頬部分へのリフトアップなど数本入れるともっとスッキリしたシャープな小顔になることができます。 
私は毛穴を気にしていたので今回は左右1本ずつの施術をしました。

鼻を高くする美容整形外科医院の選び方


二重まぶたに続き、人気の美容整形でどの美容整形外科医院でもキャンペーンを行っており、初回は安い金額で試すことができます。



しかしヒアルロン酸の鼻の整形だと、元に戻ってきてしまいますので、初回の安さに惹かれずに、2回目以降も安い美容整形外科医院を選ぶといいでしょう。


安いからとケチって、粒子の細かいヒアルロン酸だと元に戻りやすいです。

 






鼻を高くする整形の金額表




ヒアルロン酸注入(※最安値の価格を表示しています。)
美容整形外科医院名施術名金額
湘南美容外科パーレーン53,860円1.0cc詳細
品川美容外科パーレーン29,000円1.0cc詳細
もとび美容外科ディープライン54,800円1.0cc詳細
大塚美容形成外科ベレテロ80,000円1.0cc詳細
ガーデンクリニックテオシアル・ファーストライン80,000円1本詳細
高須クリニックシャープラインノーズ50,000円1本詳細
聖心美容外科パーレーン59,400円0.5ml詳細

東京美容外科レスチレン50,000円1本詳細



プロテーゼ
美容整形外科医院名施術名金額
湘南美容外科SBCプレミアムソフトプロテーゼ166,860円I型/L型詳細
品川美容外科スタンダード隆鼻術97,180円詳細
もとび美容外科シリコンプロテーゼ137,000円詳細
大塚美容形成外科プロテーゼ挿入法300,000円I型/L型詳細
ガーデンクリニックプロテーゼ挿入350,000円詳細
高須クリニックシリコンプロテーゼ350,000円I型詳細
聖心美容外科プロテーゼ302,400円I型/L型/バード型詳細

東京美容外科スタンダード250,000円I型/L型詳細




ランキング参加中
他の部位の整形経過も見れます。
関連記事

0 Comments

Leave a comment