21 2016

    ヒアルロン酸の種類と違い




    ヒアルロン酸 


    ヒアルロン酸と言っても、様々な種類があり金額も様々です。
    ヒアルロン酸って沢山あるけど、種類と違いは何?
    そう思っている人も多いと思います。

    ヒアルロン酸の種類と違いは主に粒子の大きさで、粒子が大きいものは顎や鼻などを形成するのに役立ち、持続力(体内に吸収されるスピード)も違います。
    一方粒子の小さいヒアルロン酸は、ほうれい線などの浅いシワや小さな溝を埋めるのに役立ち、持続力が短いです。



    ヒアルロン酸は、時間とともに体内に吸収されて元の顔に戻ってしまいます。
    『持続力』とはこの元に戻るまでの時間のことで、大体半年くらいで吸収されると言われていますが、ヒアルロン酸によっては1年以上持続するものもあります。

    私のヒアルロン酸体験談


    私が過去に入れたことがあるのは、パーレーンとレスチレンです。
    そのことは過去記事でも書いていますので、よければ合わせてご覧下さい。

    【過去記事】鼻のプチ整形と糸いれてきた。ヒアルロンサン1cc注入
    【過去記事】鼻のヒアルロンサン1cc追加

    ヒアルロン酸は最初の頃は吸収が早いと言われています。
    これは今まで体になかったものを、体が良くないものだと認識し、消化しようとする働きがあるためだと美容整形外科のドクターが説明してくれました。
    何度か注入していくうちに、耐性がついて段々『持ち』がよくなるそうです。

    現に私も2回目くらいまでは吸収が早く、半年くらいで元に戻っていました。
    その後は持ちがよくなり、少なくなってきたなとは感じるもの、1年経過しても元に戻ったなという印象はなくなってきました。

    ヒアルロン酸を打つときに確認しておきたいこと


    ヒアルロン酸が余ってしまったときに、保管しておいてくれるクリニックがあります。
    期限がありますが、その期限内であれば余ったヒアルロン酸をいつでも注入してもらえます。

    クリニックによっては再注入料といった形で、別途お金がかかる場合もありますが、ヒアルロン酸を新しくまた買うことを考えると、保存してくれるクリニックの方がお得かもしれません。



    湘南美容外科クリニックはヒアルロン酸の金額も安く、6ヶ月間保存してくれます。
    個人的にはヒアルロン酸なら、湘南美容外科クリニック がおすすめです。

    ヒアルロン酸の料金表と1番安いクリニックをまとめましたので、参考になればと思います。


    >>料金表比較はコチラから<<


    【この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます】


    ★☆ランキングご協力ありがとうございます☆★
    他の美容整形外科や美意識の高い人のブログが盛りだくさん!!
    美容ブログ 美容外科にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へにほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ

    関連記事

    美容整形 ヒアルロン酸 体験談 涙袋形成

    0 Comments

    Leave a comment